ホームミュージアム一覧古田織部美術館

ミュージアム詳細

[ 洛北 ] 古田織部美術館

シチュエーション別
  • おひとり様で楽しめる
  • 友達と楽しめる
  • 家族・子供連れで楽しめる
  • ミュージアムショップがある
趣味別
  • 日本の美術に興味があるなら
  • 歴史・文化に興味があるなら
  • 伝統工芸に興味があるなら
  • 企業関連のミュージアムに興味があるなら

「へうげもの」を好んだ天下一茶人・古田織部について紹介する美術館です。織部自筆の傾【かぶ】いた書状、自作の茶杓・花入をはじめ、織部本人がデザインした織部形【おりべなり】の茶道具、織部好の「へうげ」た茶陶、織部周辺の武将茶人にまつわる作品を集めた企画展を、年に3回行っています。

詳細情報

所在地 〒603-8054
京都市北区上賀茂桜井町107-2 地下1階
連絡先 TEL:075-707-1800
URL http://furutaoribe-museum.com/
開館時間 9:30~17:30(入館は17:10まで)
休館日 年末年始、展示替え期間中
アクセス 京都市営地下鉄烏丸線「北山」駅下車 徒歩3分

地図を戻す

特別展示・イベント

■織部と光悦Ⅱ-「光悦七種(異説)」赤筒茶碗 銘「有明」初公開-

開催期間: 2017年9月23日(土・祝)~2018年1月14日(日)
【休館日】12月29日~1月4日
料金: 大人500円/大学生・高校生400円/中学生以下300円

本展では、芸術家としての古田織部の継承者・本阿弥光悦の作で、300年ぶりに発見された赤筒茶碗 銘「有明」(「光悦七種(異説)」「光悦十作」「千家名物」)を初公開します。そのほか、織部・光悦の自筆書状、両名それぞれがデザインした個性的な茶道具、江戸時代の能書家で嵯峨本を手掛けた角倉素庵と、織部流茶人で名妓吉野太夫の夫・灰屋紹益の自筆書状など50点を展示。桃山時代から江戸初期にかけての二大アートプロデューサー古田織部と本阿弥光悦の実像にせまります。

【主催】   
 一般財団法人 古田織部美術館

ミュージアムの特徴

ショップ ミュージアムショップを併設しています。

シチュエーション別で探す
  • おひとり様で楽しめる
  • 友達と楽しめる
  • 家族・子供連れで楽しめる
  • デートで楽しめる
  • 講座・レクチャーを受けられる
  • 定例イベントがある・体験できる
  • 駐車場がある
  • ミュージアムショップがある
  • 館内に食事・喫茶施設がある
趣味別で探す
  • 日本の美術に興味がある
  • 海外の美術に興味がある
  • 歴史・文化に興味がある
  • 伝統工芸に興味がある
  • 大学関連のミュージアムに興味がある
  • 企業関連のミュージアムに興味がある
  • 寺社関連のミュージアムに興味がある
  • 建造物に興味がある
  • 国宝・重要文化財に興味がある
地域別で探す
  • 洛北エリア
  • 洛中エリア
  • 洛東エリア
  • 洛西エリア
  • 洛南エリア
  • その他エリア